口腔外科・義歯・ブリッジ・インプラント|京都市左京区の歯医者

0757411108

[休 診 日] 日曜・祝日・水曜午後・土曜午後
[受付時間] 9:30~12:30 / 15:00~19:00

アクセスはこちら

口腔外科・義歯・ブリッジ・インプラント

口腔外科

口腔外科で扱う治療には、親知らずや埋伏歯の抜歯、顎や歯牙の外傷、口腔粘膜疾患、嚢胞・腫瘍の摘出、唾液腺の疾患、顎関節の病変などさまざまな治療があります。

外科治療は当院で治療を行える場合もありますが、状態によっては専門的な医院・病院での治療が必要な場合もあります。
まずは診断してからの判断になりますので、お気軽にご相談ください。

下顎骨隆起

下顎骨の小臼歯部にできる半球状の骨の隆起で、多くの場合は両側性に大小数個みられます。
ほとんどが無症状で経過しますが、義歯作製時に障害になるため、外科的に切除を行う場合があります。義歯が必要になる前に切除した方がよいと思います。

  • Before

  • After

粘液嚢胞

下口唇や舌下面の粘膜に見られる小さな膨らみです。
下口唇を咬むなどの外傷や慢性の刺激で、小唾液腺の導管が閉塞し、粘液がたまって出来る膿胞です。
違和感を感じる程度で、痛みはありません。破れて自然消失や再発を繰り返すこともありますが、完全摘出する事が多いです。

  • Before

  • After

上唇小帯の付着異常

上唇の裏側と上前歯の歯茎へと伸びる筋のことです。
上唇小帯の付着位置に異常があると、口唇の運動を抑制したり、前歯の間に隙間ができる「正中離開(すきっ歯)」の原因になることがあります。
自然に治癒しない場合は適切な時期に、小帯の形成手術を行います。

  • Before

  • After

義歯・ブリッジ・インプラントの比較

種類 ○ メリット × デメリット

義歯

  • 残った歯を削る必要がない
  • 保険適用内なら費用の負担が少ない
  • 噛む力が弱い
  • バネを使うので、隣の歯に負担がかかる、装着時に違和感がある

ブリッジ

  • 固定式なので違和感がない
  • 保険が適用される事がある
  • 治療期間が短い
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 支えになる歯に負担がかかり、虫歯になりやすくなる

インプラント

  • 健康な歯を削る必要がない
  • 骨に埋め込むため安定感がある
  • きちんとしたメンテナンスによって長期に渡って使用できる
  • 噛み合せが安定する
  • 保険適用外のため費用がかかる
  • 顎の骨に直接埋め込むため、外科手術になる
  • 治療期間が長い

義歯(入れ歯)

歯を失ってしまった方の、おいしい食事や楽しい会話のサポートをするのが入れ歯治療です。入れ歯と聞くと、「違和感がある」や「付けると痛い」「噛みにくい」といったイメージを思い浮かべる方も多いかと思います。しかし、現在の入れ歯には、金属のバネが見えないものやマグネット式の入れ歯など、今までのデメリットを解消する機能が備わっています。
それらの入れ歯を使用し、治療計画をしっかりと立て、状況・症状に合わせた入れ歯を作成すると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。

失った歯を機能的に回復することは大変重要です。失った歯をそのままの状態にしておくと、将来的に様々な障害が出る可能性があります。
入れ歯の形態や材質によっては自費診療の対象となります。

ブリッジ

歯を失ってしまった場合に、失った歯の前後にある歯を削り、まるで橋のようにつないで歯を作ることを「ブリッジ」いいます。
固定式の為違和感がなく、保険診療での治療を受けることが出来る場合があるのがメリットですが、両側の歯が虫歯ではない健康な歯であっても削る必要があり、削った支えになる歯に負担がかかり虫歯になりやすくなるというデメリットがあります。

インプラント

インプラント治療とは失った歯の代わりに顎の骨に直接人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療方法です。
インプラント治療では今までの歯と同じように強くて、美しく、咬み合わせの良い状態に再現できます。
安全性は長年の研究と実績で証明されていますが、全身疾患や骨質・骨量、咬み合わせ、などの問題ですぐにインプラント治療ができない場合もあります。

ページトップへ戻る